ドル円相場

三角保ち合いの下限ですが、109.30円辺りにあることが分かりました。結構上がっていますね。

今日はPCEで下振れて、ISMは不明という予定です。今日中にこの保ち合い下限を試しそうですね。

FOMCの声明文待ち

昨日のユーロドルは1.1712まで上昇、その後は調整局面となっている。

死んだと思われたオバマケア見直し法案の審議開始が決まり、米長期金利が上昇した。
ただ、法案をどの様に見直すかについては合意はなく、上院を通過するかどうかは依然として不透明だ。

脳腫瘍の血栓除去手術で静養していたマケイン上院議員が駆けつけたことで、法案の審議が始まることになったが、マケイン氏自身は「このままの法案では、私は反対する」と言っている。

目先は、FOMCの声明文の内容がどうなるかだ。
バランスシート縮小に向けて、どの程度踏み込んで来るかだが、先行きの金利がそれほど上がりそうもないニュアンスがあれば、ドルはそれほど上昇できない。
何はともあれ、FOMC声明文に注目したい。

ロンドン、NY休場。火曜日以降のマーケットを先取りか

本日は、ロンドン、NY市場とも休場。
恐らくあまり動意のないマーケットになると思われるが、AIの発達により、市場が休場でも為替マーケットはある程度流動性を保ちながら、しっかり動くのが近年のマーケット。

先週金曜日のマーケットは、この3連休を前提にポジション調整相場となった。
よって、休場とは言え、本日から火曜日以降のマーケットを織り込み始める。
ユーロドルが下げ切らなければ、また買いが入ってきそうだし、ドル円に関して言えば、下値は本邦機関投資家からのオープン外債投資に絡む買いオーダーが厚いとは言われているが、「ロシアゲート」疑惑も再び再燃しそうで、積極的ロングも取り難い。

特に、コニー前FBI長官の議会証言が30日以降、どこかで行われる。
爆弾発言があれば、相場は荒れる。そうであるならば、あまり積極的にドル円も買い難い。

原油価格下落、短期的にはクロス円に調整圧力

G7を週末に控え、しかもロンドン、NYは3連休、ポジション調整圧力がかかりやすい。
特に、トランプ氏娘婿のクシュナー氏が捜査対象との報道もあり、この週超えで決定的なニュースが出てきた場合、大変なことになってしまう。

国内のトレーダーは堅調なNY株を見て、ドルの押し目買いばかり考えているようだ。
この2-3週間は、リスクオフのニュースがあっても徹底的に無視されてきた。
だが、クシュナー氏にもしものことがあったら、ドル円は撃沈するだろう。
これは大きなリスクだ。

米国株は堅調だが、為替マーケットのトレンドはドル安に成りつつある。

欧州初の長期金利上昇が米長期金利にも波及し

欧州初の長期金利上昇が米長期金利にも波及し、超金利がゼロに固定化されている円は独歩安の展開となった。

日銀政策が実質的に引き締め的、隠れたテーパリングとの見方から円高トライとなったが、本邦機関投資家の買いに阻まれたことや、本当に米金利上昇が始まったことで、雰囲気が変わってきた。

金利上昇でドル円が上がるというのが、最もヘルシーな形。ここは、トレンドに逆らわず、素直に順張りに付いて行きたい。本日米GDPの発表があるが、GSは2.9%と予想しており、市場予想よりも良好な数字が出る可能性も低くはない。また、たとえ悪い数字でも、来週のFOMCでは、12月利上げを声明文中に言及する可能性もある。

ドル円上昇の可能性も高いが、もう一つ、ユーロ円上昇もかなりポテンシャルがありそう。独金利の上昇が何故起こっているのか、分からない部分もあるが、ECBの政策の変更を暗示しているのであれば、ユーロ円の上サイドは有望だ。

 

年末調整

ドル高の調整局面が訪れている。

最も顕著なのはGBPUSDだが、AUDUSD,NZDUSDも急反発している。
背景には、先日のイエレン議長の「ハト派」シフトがあると思われる。

インフレを気にせず、米経済をオーバーヒートさせると宣言しているので、比較的高金利である豪ドルやNZドルに資金が集まるのは仕方のないところ。

ドル円に関しては、日本人がいる間はビッドだが、日本人がいなくなると軟調となる。
方向感が全くなくなってきた。

ポイントは、GBPUSDがどこまで反発するかであろう。1.23台は一回売ってみたくなる。

本日の東京市場では、ドル円は堅調に104円を再度示現したが

本日の東京市場では、ドル円は堅調に104円を再度示現したが、104円前後には13日まで大量に行使期限を迎えるオプションがあり(30億ドル以上)、ここを一気に抜けるのは難しいかもしれない。

レンジと決めこんで、吹き値売り、押し目買いを繰り返すことが出来るかもしれない。

ドル円の頭を抑えそうなもう一つの理由は、豪ドル円、NZDJPYの重さもある。
ここに来て高金利通貨の頭が重い。豪ドル円の79円は鉄壁の守りであり、3度めの挑戦も失敗した。ここはなかなか抜けない。

南アフリカのゴーダン財務省逮捕拘束とのニュースもあり、やや不穏。突発的なリスクオフには気をつけたい。